取扱業務

企業価値・事業価値・株式価値に関する分野

中小企業、個人事業主の皆様の経営がより順調に発展するために当法律事務所は、
事業、株式再編を含め法律面から誠心誠意助力いたします。

131029_10.jpg株式をどのように保持していくかにより、会社経営をより安定させることが出来ます。
価値評価『神の領域である』と研究会の仲間としみじみ語ることがあります。

一物一価ではないからです。
その価値を見出す主体によって、価値を図るものさしも違うものです。

事業承継、相続のタテ承継の分野かM&Aのヨコ承継の分野でいえば、親から子への承継、経営者から番頭格への承継における株式価値はなるべく安くしたいでしょう。

事業を売却してハッピーリタイアを望む経営者や、会社に対して株式買い取り請求を望む少数株主の立場からすれば株式価値はできるだけ高くしてもらいたいところでしょう。

市場価格の形成されていない非公開株式の価値をめぐっては、一物百価であり、日々刻刻と価値は変化していくのです。

 

そのような価値を巡る問題であるからこそ、弁護士の説得力、解決力が力を発揮します

株式価値を正確に把握することは、株価や事業価値対価をめぐる紛争の防止、税務問題対策に有効です。

たとえば

  • 非公開株式の株価をめぐる株主間紛争防止、税務問題
  • 相続によって半分ずつ承継した事業をそれぞれ独立させるときの価値判断、税務問題
  • M&A,事業譲渡における事業対価をめぐる紛争防止、税務問題

など

融資を受けるにも、税務に関わる問題処理をするにも株式価値評価(特に非上場株式)事業価値評価は、基本となります。一般社団法人日本企業再建研究会をシンクタンクとする当事務所は、正確で、信頼性の高い株式・事業価値評価を自負いたしております。

ご相談の流れ

中小企業支援 弁護士法人 虎ノ門国際法律事務所

経営革新等支援機関20130118関東第3号及び関財金1第57号(経産省)

〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-11 第11東洋海事ビル9階

法律相談への
ご予約は

MAIL law.tax@toranomon.com
TEL 03-3591-7377(平日9:00~17:30)
FAX 03-3508-1546

より詳しい案内図を見る